ノートパソコンでタイピングする女性

終身雇用や年功序列が当たり前でなくなった今、いずれはなんらかの形で起業したいと考えている方も多いのではないでしょうか。今すぐに退職して起業とまではいかなくても、副業やおこづかい稼ぎを兼ねて、ネットビジネスに参入してみたいという方もいらっしゃるかもしれませんね。これからネットビジネスで起業するとしたら、どのようなビジネスが稼げるのでしょうか。おすすめのビジネスを3つご紹介します。

1. アフィリエイト

ネットビジネスというと、多くの方が思い浮かべるのが「アフィリエイト」という言葉だと思います。しかし具体的に、どういったビジネスなのかをあまり詳しくはご存知ない方も多いのでは?

アフィリエイトとは、自分のサイトなどで企業の商品やサービスを宣伝、販売し、その成果に応じて企業からの報酬を得るビジネスのことを言います。アフィリエイトASPと呼ばれる仲介サービスを通じて企業と広告や報酬のやりとりをするのが一般的です。ほかにも、広告のクリック数に応じて報酬が得られる方式などもあります。

アフィリエイトビジネスは、PCとネット環境があれば手軽に始められるのがメリットです。また、たくさん売り上げればそれに応じて多くの報酬を得られるので、コツコツと取り組むことで高額を稼げるようになることもできます。ただし、サイトへのアクセスがなければ収益が得られないため、ある程度稼げるようになるまでには時間がかかります。じっくりと取り組むつもりの方におすすめのネットビジネスだといえるでしょう。

2. ネット物販

「モノを売る」というのは、元来、商売の基本です。ネットの普及により、物販の形も変化しています。いまやネットを通じて誰でも手軽にモノを売ることができる時代になりました。

不用品や自分が仕入れることができる商品を、それを手に入れづらい環境の人などに向けてAmazonやメルカリなどのプラットフォームを利用して転売するというのは、手軽に始められるビジネスのひとつです。また、手芸や工芸などによるハンドメイド商品の販売にも、ネットは適しています。

さらに本格的にネット物販ビジネスを行うのであれば、ネット上に自らのショップを開設するという方法もあります。
販売方法がネットであるということを除いて、リアルの物販ビジネスと基本的には同じなので、仕入れや売り方など商売に対するセンスが求められるビジネスです。

3. クラウドソーシング

厳密には「ネットビジネス」ではないかもしれませんが、プログラミングやWebデザイン、ライティングなど、IT系のスキルを持っている人におすすめなのが、クラウドソーシングを活用した働き方です。

クラウドソーシングとは、企業がネットを通じて不特定多数の人にアウトソーシングする仕組みのこと。クラウドソーシングのマッチングサービスを利用することによって、自分のスキルを生かした仕事を請け負うことができます。求められるスキルの種類やレベルもさまざまなので、自分に合った仕事を自分のペースで請けて働きたいという方に向いています。自宅での副業や週末プチ企業などにも良いでしょう。

ノートパソコンでタイピングする女性2

自宅で手軽に始めやすく、稼ぎやすいネットビジネスを3つご紹介しました。いずれも、すぐに大金が稼げるというようなものではありませんが、続けていくことで収益増が見込めるビジネスです。また、少しずつ稼ぎながらネットでのビジネス感覚を身に付けることにも役立つでしょう。これからネットビジネスを始めたいという方は参考になさってください。