どれを選ぶ? 副業に向いているオフィスの種類

副業をしている方の中には、「副業用の仕事場が欲しい」「副業をしていることを会社に知られたくないから、仕事用の住所が欲しい」と考えている方もいるのではないでしょうか。
ここでは、副業をしているなら知っておきたい、副業をしている方におすすめのオフィスの種類をいくつかご紹介します。

レンタルオフィス(個室)

壁などで区切られたスペースに、自分専用の机とイスが用意されているタイプのオフィスです。自分だけのスペースをレンタルすることができますので、集中して作業をすることができます。
「自宅で副業をしていたけど、ものが増えて作業するスペースがなくなってきた」「自宅やカフェでは集中できない」といった方におすすめのオフィスになります。
ただ、個室をレンタルすることになりますので、費用は高めです。場合によっては賃貸オフィスを借りるのと同じくらいの利用料がかかることもあります。

コワーキングスペース(シェアオフィス)

コワーキングスペース(シェアオフィス)とは、区切られていないオフィススペースにある机やイスを、利用している会員と共有して使用するスタイルのオフィスです。自分専用の机やイスがあるわけではないため、個室タイプのオフィスと比べると利用料が割安になります。
空間をシェアするほかの会員との交流も可能です。人を紹介してもらったり、相談にのってもらったりなどもできます。人脈を作りやすくなるというのも、コワーキングスペースを利用することのメリットのひとつであると言えるでしょう。

バーチャルオフィス

バーチャルオフィスというのは、オフィスとしての空間や机やイスなどを提供するのではなく、住所だけを借りるというタイプのオフィスになります。実際に利用できるオフィスが手に入るわけではないため、仕事場はバーチャルオフィスを借りても、それまで通り変わりません。
副業をしている方の中には、副業用の連絡先住所を自宅に設定しているという方も多いと思います。しかし、自宅住所をビジネス用の住所に設定するのは、プライバシーの観点でもリスクが大きいものです。若い女性の方ではストーカー被害に遭う危険もありますし、副業を禁止している会社に勤務している方であれば、住所で副業していることが会社に知られてしまうこともあるでしょう。
そのようなことを回避するために、ビジネス用の住所だけを借りることができるのが、バーチャルオフィスになります。

バーチャルオフィス

副業をしていると、作業場やビジネス用の住所に関する問題が生まれるものです。効率よく安心して副業をするためにも、オフィスやビジネス用住所の確保をしっかりと行いましょう。副業していることはここで紹介したことを参考にしてみてください。