起業のためにオフィスが欲しい! バーチャルオフィスのメリットは?

起業する際にはオフィスが必要になりますが、自宅を事務所の所在地として公開することには抵抗がある、という人も多いものです。
また自宅やクライアントのもとで作業をするので、なるべく事務所に関わる費用を安くあげたい、というケースもあり得ます。
そんな時に役立つのが、住所だけを借りるバーチャルオフィスの存在です。
今回はバーチャルオフィスのメリットについてご紹介しましょう。

バーチャルオフィスとはどんなもの?

 
バーチャルオフィスとは、住所だけを借りる仮想のオフィスレンタルサービスのことです。
オフィススペースを実際に借りることはできませんが、住所は実在する場所で、バーチャルオフィスを提供している会社がバーチャルオフィス契約者のために押さえています。
中には貸会議室やシェアオフィス、ロッカー、コピー機などがあり、バーチャルオフィス契約者であれば利用が可能です。
また郵便物の転送、電話番号の貸与、電話の代行も行っており、契約者が地方在住であっても安心して利用できます。
バーチャルオフィスの住所を使っての登記や、法人名義の口座開設も可能です。

バーチャルオフィスを使うメリットは?

都心部に住所だけを借りるバーチャルオフィスを使うメリットは主に3つ。
1つめは「自宅の住所を公開しないで済む」という点。
プライバシー保護の観点から「自宅の住所を公開したくない」と思う人も少なくありません。そういう時は住所をバーチャルオフィスにし、郵便物や電話を転送してもらうことで自分のプライバシーを守ることができます。
2つ目は「イニシャルコストの削減ができる」という点。
自宅外にオフィスを構える場合は、様々なイニシャルコストがかかります。
自宅外にオフィスが欲しいけれど、そこまでオフィスを使うわけではないのでオフィスに関わるコストをできるだけ下げたい、という場合に有効です。
3つ目は「信頼性がアップできる」という点。
地方に事務所を構えるよりも東京の都心部に事務所を構えたほうが、ブランド力アップにつながることがあります。
バーチャルオフィスを使えば、地方在住のままでも取引先へ信頼性をアピールすることが可能です。

メリットだけではない! バーチャルオフィスのデメリット

地方在住のまま、格安で都心部に事務所を構えられるバーチャルオフィスですが、デメリットもあります。
まず「住所が重複する」という点です。
同じフロアに複数の事業者が入っている場合、住所検索をすると複数の名前がヒットすることになります。これはバーチャルオフィスだけでなくレンタルオフィスでも同様で、取引先から「同じ住所に他の会社が複数ある」という指摘を受ける可能性が否定できません。
次に「郵便物が届くまで時間がかかる」という点です。郵便物はバーチャルオフィスから転送されてきますが、どうしてもタイムラグが生じますので、急ぎの取引などに影響を与える可能性もあります。
また許認可の申請が必要な業種の中には、バーチャルオフィスでは不可なこともあるので、確認が必要です。

法人化するなら

バーチャルオフィスのメリットとデメリットについてご紹介しました。プライバシーを保護できること、都心部の住所を得ることでブランド力を高められることはバーチャルオフィスの魅力です。
その一方で、郵便物は転送なのでタイムラグが生じること、業種によってはバーチャルオフィスでは許認可が下りないこともあるなど、デメリットがあることも知っておきましょう。