起業初めは転送電話で顧客の信頼を獲得!!!

起業初めは転送電話で顧客の信頼を獲得

起業を始めたとき、すべてを外部に委託することも可能ですが、「できれば自分でできることはしたい」そう考えている方も多いのではないでしょうか。確かに、外部委託することにより、仕事を円滑に運ぶことも可能です。しかし、自分でできることを行うことにより、顧客との信頼を獲得することもできるのも現実です。

起業初めは転送電話で顧客の信頼を獲得することについて、ご紹介いたします。

099113

・転送電話はどこでも受け取れる

転送電話を利用した場合、どこにいても携帯電話など登録した電話で、電話を受け取ることができます。そのため、外勤をしていても自宅にいても、顧客とのやり取りが可能となります。特に、重要な取引先やこれからの仕事に影響を与える可能性がある方などにおいては、転送電話を利用することにより、即時に対応することが重要となります。

また、即決が必要な電話などでは、どこでも電話を受け取ることができることにより、円滑に仕事を行うことができるため重要となります。

・転送電話の費用は個人持ちで、相手の負担はない

転送電話を利用する際に不安な事の一つとして、電話料金がどのように発生するのかということではないでしょうか。一般的に、相手からかかってきた電話料金は、相手が負担することになります。しかし、転送電話の場合は、転送電話を受けた方に電話料金が発生します。

例えば、顧客からの電話を受けた際に発生する料金は、個人事業主の負担となり、顧客への負担はありません。そのため、転送電話となっていても、相手方に迷惑をかけることなく、話を行うことができます。

・転送電話ということは相手にはわからない

転送電話のメリットは、登録した携帯等に転送されるサービスですが、電話をかけた人には転送されていることが分かりません。そのため、外で電話を受け取っても相手に気付かれることなく、話を行うことができます。

特に、事務所にいないことが多い場合などには、相手方に不審に思われることも少なくありません。そのため、転送電話を利用することにより、常に会社にいないということを知らせないということも、信頼関係を築くうえで重要なことになります。