即時顧客対応には、電話転送を活用!!!

即時顧客対応には、電話転送を活用

企業の場合、固定電話を活用することにより、顧客の信頼度は増すため、携帯電話を主回線としていることは少ないのが現状となります。しかし、固定電話は会社にあり、会社に不在となっている場合には、留守番電話等にして対応していることが多いのではないでしょうか。留守番電話は、外出先で確認することはできますが、後程かけ直さなければならないというデメリットもあります。そこで、電話転送をうまく活用し、即時顧客対応をすることが重要となります。

即時顧客対応には、電話転送を活用することについて、ご紹介いたします。

500772

・登録した携帯に直接つながる

電話転送とは、固定電話にかかってきた電話を、登録した携帯電話等に転送することができるサービスとなります。そのため、あらかじめ登録しておくことで、どこにいても固定電話にかかってきた電話も受け取る頃ができます。

電話転送は、固定電話にかかってきている電話なのか、携帯電話にかかってきている電話なのか、携帯電話で確認できることもメリットとなります。

・電話の相手によって留守電を利用

個人業主の場合、営業回りや打ち合わせ中など、電話に出るか迷う場面も多いのではないでしょうか。携帯電話に転送されることにより、誰から電話がかかってきているのかわかるため、留守電にするか出るか即時に判断することができます。

特に、急用かそうではないかということは、電話の相手で見通しが立つことが多いです。そのため、「今」というときには通話を行い、「後ほど」というときには留守電を活用することにより、時間を有効活用することができます。

・月額定額サービスで安価

電話転送は、登録した携帯電話に転送されますが、有料サービスとなります。また、会社を出る際に毎回転送サービスの利用を開始しなければ、電話転送はされません。しかし、一度登録しておけば、電話の機種によりボタン一つで転送することができます。

電話転送に関しては、有料ではありますが月額定額料金となっており、値段も安価となっています。そのため、会社に事務員を雇うよりも簡単で、人件費も削減できることを理解しておくと便利です。