大手企業や官公庁を相手にしたビジネスには固定電話番号が必須!!!

・転送電話なら用途に応じた電話番号を用意することが可能です

企業における業態の変化に伴い、様々な部門や新事業に特化した部署が作られることが多くなってきます。そのためプロジェクトごとに問い合わせ番号を設置する需要も出てくることでしょう。そんな時にも転送電話サービスを利用することにより、事務所の電話機を回線工事や機器の入れ替えをすることなく簡単に電話番号を追加して着信させることが可能となります。またプロジェクトの期間に限定した番号の取得も可能となり、社外に公開する問い合わせ番号として利用する場合はセキュリティーを保つ上でも有効な手段です。

・転送電話サービスを利用してサポートダイヤルを設置できます。

転送電話サービスなら、製品サポートやアフターサービスの拠点として設置したい地域に事務所を構えずに電話番号のみを取得することが可能です。例えば本社と工場を地方に構える会社が東京都内のお客様向けにサポートダイヤルを設置するような利用ができます。フリーダイヤルにて対応する方法もありますが、一部の電話からは発信が制限される場合もあり、市外局番のある通常の電話番号を併せて用意したほうがお客様側での選択の幅が広がり印象も良いようです。

0c58150d0b3c7d3f738ffa95f4ef68a2_s

・大手企業や官公庁を相手にしたビジネスには固定電話番号が必須となる場合もあります

個人で起業される場合は、携帯電話の番号のみを名刺や広告媒体に記載するケースが多く見受けられますが、取引先があなたのビジネス規模よりも大きな企業になってきますと、固定電話の番号を取得していたほうが先方から見たイメージは良く見えます。また官公庁とのビジネスの為に入札の参加資格等を取得する場合は、携帯電話以外の連絡先番号の記載を求められるケースもあります。そのような時にも転送電話サービスを利用することにより、固定電話番号を取得すると同時に掛かってきた通話をあなたの携帯電話転送し着信できますので、固定電話回線を契約するよりも使い勝手の良い電話番号を手にすることが出来ます。