起業するならバーチャルオフィスの利用がおすすめ!!!

起業を考えている方にお勧めなサービスとして、バーチャルオフィスというものがあります。バーチャルオフィスと聞くとその名の通り架空の事務所という意味になります。

ではなぜこの架空のオフィスが起業される方にお勧めなのか見ていきましょう。

■自宅での起業はこんなリスクが・・

まず起業する場合に必要になるものは事務所の所在地と、相手に公開できる連絡先となる電話番号でしょう。この2点は相手に公開されるものになりますので、友人や知り合いのような顔の知れた相手なら自宅の住所・電話番号・携帯電話番号を教えても特段の心配はないでしょう。しかし、ビジネスとなりますと、相手は初対面の方々が殆どとなり素性の解らない人物に自宅住所やあなたの携帯番号を教えるのは心配な面があります。また、アパート等にお住まいの方が自分の部屋で起業する場合には、部屋の賃貸契約内容が住居専用の契約となっていて事務所利用不可としていることがあります。起業初期は差支えないかもしれませんが、ビジネス上の郵便物が増えたり、打ち合わせで来社する方の出入りが多くなったり、玄関表札やポストに企業名を入れるような使い方になってくると、オーナーからクレームが入るケースもあります。

■バーチャルオフィスならビジネス専用の所在地を取得できます。

バーチャルオフィスなら、ビジネス用に住所を取得できますので人に教えたくない所在地を公開せずに起業できます。また郵便物の受取りも可能で受け取った郵便物を転送してもらえるサービスなどがあり、このサービスは郵便局に転送依頼するものとは異なりバーチャルオフィスを運営する会社が御社の会社名宛郵便物を受け取り、そして御社指定の転送先住所にバーチャルオフィスを運営する会社が転送してくれるので郵便物を受け取るのが非常に便利なので本格的な起業を考えている方には強い味方となるでしょう。

266444

■バーチャルオフィスなら電話番号も取得可能

起業するにあたり携帯電話の番号を連絡先に利用するケースが多いですが、名刺に記載して相手に配り始めると覚えのない相手先から頻繁に連絡が入るようになったり、その電話番号を悪用される危険性も出てきます。

バーチャルオフィスならビジネス用の固定電話の番号を取得でき転送電話サービスを利用してあなたの携帯電話や自宅の電話番号へ転送することができますので、万が一電話番号が悪用された際にも違う番号の再取得でも可能になります。

また、自分で電話を受けたくない場合でも電話応対サービスを利用することができますので、あなたが電話を受けられないときには代理で電話応対が可能となり、事務所が不在になることはありませんのでとても安心です。