バーチャルオフィスの使用 そのメリットとは?

バーチャルオフィスの使用 そのメリットとは?

「一億総活躍社会」に向けて「働き方改革」が行われています。さまざまな人が職場・地域・家庭で活躍するには、いろいろな働き方がないと実現できません。働くといえば、今までは会社に通勤して仕事をする人が多数でしたが、「通勤」が「痛勤」などといわれ、地方にサテライトオフィスを作る、在宅で勤務するという取り組みがなされています。

そんな中で、自分で独立して企業したいという人も多いのではないでしょうか。

その場合、オフィスが必要になってきます。自宅をオフィスとして事業を始めても、自宅の住所を公開して悪用されては困ります。そんな人のためにバーチャルオフィスという選択肢があります。バーチャルオフィスのメリットについてご紹介いたします。

・信用のある住所を取得できる

独立起業して個人事業主となった場合、住所や電話番号を公開しなくてはなりません。会社のホームページや名刺に印刷される住所は、いわば会社の顔になります。どこに会社があるかということも取引先やお客様からの信用を得る条件に入ります。

都会の一等地に自分で事務所を構えようと思ったら高額な費用がかかりますが、バーチャルオフィスであれば実現できます。

また、自宅の住所を公開する必要がないのでプライバシーも守ることができます。

・費用が抑えられる

賃貸オフィスを借りると家賃の他にも電気代、電話代、消耗品費、OA機器のレンタル、常駐スタッフの人件費など毎月たくさんの費用がかかります。バーチャルオフィスは賃貸オフィスやレンタルオフィスを借りるよりも格安な費用でオフィスとして必要な機能を手に入れることができます。

郵便物転送サービス、電話転送サービス、必要であればレンタル会議室などをオプションで申し込みすることができます。

・すぐにオフィスとして稼働できる

賃貸オフィスを借りた場合は、入居の審査や電話やインターネット回線の開設などオフィスとして稼働できるまでにかなりの日数がかかります。

それに比べるとバーチャルオフィスは電話やインターネット回線が契約日から使用することができるので、すぐに仕事を始めることができるのです。