バーチャルオフィスの使用そのデメリットとは?

バーチャルオフィスの使用 そのデメリットとは?

バーチャルオフィスは賃貸オフィスやレンタルオフィスに比べるとなんといっても費用が抑えられるというところに特徴があります。それに加えて信用のある住所を使える、電話を転送してくれるサービスや、郵便物を転送してくれるサービスも受けられます。とてもメリットが多いものです。オフィス機能のいいとこどりのようなものです。

しかし、どんなものにもメリットがあればデメリットは当然つきものです。

やりたい事業の内容によっては、不便さを感じることもあるかもしれません。

そこで、バーチャルオフィスのデメリットについてご紹介いたします。

・法人銀行口座の開設が難しい

バーチャルオフィスだと信用が無いので法人の新規銀行口座が作れないということを聞いたことがあるかもしれません。しかし、実際にバーチャルオフィスだからといって銀行の審査が通らないというわけではないのです。「振り込め詐欺」などの事件で使われた銀行口座が、バーチャルオフィスで登記されたものが多かったこともあり、バーチャルオフィスでの法人銀行口座の開設が厳しくなっているのが現状ですが、銀行の口座開設をサポートしているバーチャルオフィスもあるので、一度確認してみるといいです。

・許認可の取得が難しい

事業を始めるには許認可が必要な業種があります。派遣業、リサイクル業、不動産業、マッサージ業、探偵業などです。許認可は官公庁へ届け出をします。どんなものがあるかというと「実際の執務スペースが必要」「電話やOA機器の設備が必要」といったものです。

バーチャルオフィスの住所は利用できない可能性があります。

許認可が必要な事業を始める場合は、あらかじめ確認する必要があります。

せっかくバーチャルオフィスを借りたのに、事業ができないのでは意味がなくなってしまいます。

・融資を受けるのが難しい

バーチャルオフィスで登記すると事業実態を把握するのが難しいと思われることがあります。しかし、信頼性があればバーチャルオフィスであっても融資を受けることができます。事前に問い合わせて確認しておくと安心です。