バーチャルオフィスとは???

◆バーチャルオフィスとは?

起業するに当たって、最もネックになるのが初期投資。独立や起業の願望がある人でも、資金面に苦労し、思いとどまってしまう場合もあるのではないでしょうか。

そこで、初期投資を抑えながらオフィスを構える方法として「バーチャルオフィス」を利用する人が増えています。バーチャルオフィスとは、実際に賃貸物件を契約してオフィスを構えるのではなく、運営会社から住所や電話番号を受け取るサービスのことです。オフィスとしての機能を委託することで、低価格でオフィスを構えることができるようになります。

ところで、バーチャルオフィスはどのような職種、ビジネスで効果的に利用できるのでしょうか。例えば、インターネットを通じて自作のアイテムを販売する、不要品を販売するなどのネットショップを立ち上げるとします。金銭が関わるシーンだからこそ、ネットショップを利用するユーザーにとって、運営元の信頼性は非常に重要です。運営元が不確な場合、どれほど魅力的な商品が扱われていたとしても、詐欺やトラブルを危惧して購入を踏みとどまってしまうユーザーもいるでしょう。そこで、バーチャルオフィスを構え法人として法人登記することが効果的です。この手続きによって、運営会社としてネットショップ上に所在地や連絡先を記載できるようになります。ユーザーにとっても運営元の所在が分かればそれだけで利用しやすくなり、ネットショップの信頼性がアップするのです。

さらにバーチャルオフィスでは、さまざまなサービスを受けられるのも特徴です。うまく活用すれば、実際のオフィスと同様の機能を果たし、作業の効率化につながります。具体的なサービスとして、バーチャルオフィスにかかってきた電話を転送・代行するサービス、郵便物を受け取り、転送するサービスなどが挙げられます。ただし、どのようなサービスを実施しているか、またサービスを受ける際の料金などの詳細は、運営会社によって大きく違います。中には、バーチャルオフィスに来客があった際に、本人に代わって対応してくれるサービスや、受け取った書類を整理・保管するサービス、会議や打ち合わせのために格安でスペースをレンタルできるサービスなども存在します。バーチャルオフィスを構えるにあたっては「ただ住所を保有したいだけなのか」「各種事務作業の代行を頼みたいのか」など、目的を明確にした上で、自分に合ったバーチャルオフィスを選ぶことがおすすめです。