法人登記のやり方!!!(続き)

◆手続きや必要書類について

法人登記に関する流れが確認できたら、手続きに必要な書類一覧を確認しておきましょう。

◆登記申請書

「商号」「本店」「登記の事由」「登記すべき事項」「課税標準金額」「登録免許税」などを記載します。また、添付書類について、どんな書類を何通添付しているのかも明記します。

◆「登記すべき事項」の内容を収めたCD-R

上記の通り、登記申請書には「登記すべき事項」を記載しなければいけません。しかし、すべてを記載するのは難しいためCD-Rに内容を保存し添付する方法が一般的です。登記申請書の「登記すべき事項」欄には、「別添CD-Rのとおり」と記載してください。

◆登録免許税の収入印紙を貼ったA4用紙

登録免許税の収入印紙は、登記申請書とは別紙に貼り付けます。

◆定款

公証人役場で認証を受けた定款は、登記申請時にも必要です。

◆発起人の決定書

定款で、番地まで含んだ本店住所を決定していないときに必要になる書類です。

◆代表取締役・取締役の就任承諾書、監査役の就任承諾書、本人確認証明書

代表取締役や監査役を決定したことを証明する書類と、それに同意する本人の書類です。本人確認証明書には、運転免許証や住民票記載事項証明書などを使用します。取締役が一名の場合などは、提出不要です。

◆取締役全員の印鑑証明書、印鑑届出書

就任承諾書に押した印鑑に対し、印鑑証明書、印鑑届出書も用意します。地域の市町村長が発行した、発行から三ヶ月以内の印鑑証明書を用意しましょう。

◆払い込みの証明書

必要な金額が振り込まれたことを証明する、払込金受入証明書などを用意します。

以上が、バーチャルオフィスで法人登記をする際に必要な書類です。「株式会社なのか、一般社団法人なのか」「代表取締役は一人か」など、詳細によって必要書類は変わります。不備がないように見直しをしてから、いよいよ会社設立へ向けて踏み出しましょう。