バーチャルオフィスの歴史やサービス内容!

バーチャルオフィスの歴史やサービス内容

バーチャルオフィスとは、企業を設立する際に必要な、住所・電話・FAX番号などを一定期間借り受け(レンタル)できるサービスの事を言います。そのため、企業を設立したいが初期費用が無い場合等に、利用する方が多いです。バーチャルオフィスの歴史は浅く、日本でバーチャルオフィスの名が知られるようになったのは、ここ20年くらいの話となります。

バーチャルオフィスの歴史やサービスについて、ご紹介いたします。

・レンタルオフィスからバーチャルオフィスへ

「起業をしたいが場所や初期費用がない」方のために、1990年代後半に、レンタルオフィスが市場に出回りました。レンタルオフィスとは、住所や電話だけではなく、実際に仕事をする空間(つまりはオフィス空間)の提供もしてくれるサービスとなります。そのため、起業を設立するための初期費用が低価格となり、独立しやすい環境が出来上がりました。

その後、インターネットの需要が高まり、オフィスを構えず住所や電話サービスのみを必要とする人が増加し、レンタルオフィスからバーチャルオフィスへと需要が意向してきているのが現状となります。

b1020d82a40a97befcbff1fbf17596a3_s

・サービス内容の主は、起業設立に必要なもの

起業を設立するためには、起業の住所・電話番号・FAX番号などが必要となり、最低限備わってなければなりません。しかし、自宅が起業設立場所となった場合、起業設立と自宅の違いをはっきりしなければ登録できないことも少なくありません。

また、起業設立場所を自宅とした場合、様々な法的な縛りが出てきてしまうため、自宅ではない場所を起業とすることが多いです。しかし、事務所を構えるとなると、初期費用だけではなく、月々の諸経費も発生してしまいます。バーチャルオフィスでは、初期費用や諸経費が安価でレンタルできるサービスを主として行っています。

・バーチャルオフィスは簡単で安価

バーチャルオフィスを構えることは、一般的な起業を設立するよりも、簡単に安価で行うことができます。また、月々のレンタル料も安価であるため、事務所を借りて起業を始めるよりも、低リスクで起業できることが特徴となります。

また、インターネットで電話やFAXの情報等を取り扱うことができ、なおかつ荷物なども転送してくれるサービスもあるため、自身がどこにいても仕事ができると言うメリットがあります。